アメリカンブルドッグ

アメリカンブルドッグ対アメリカピットブルテリア - 究極のクラッシュnull (マーチ 2019).

Anonim


  1. 犬の品種
  2. アメリカンブルドッグ

アメリカン・ブルドッグをお探しですか?

犬の販売

養子縁組

スタッド用犬

    内容

    主要な事実
    品種特性
    品種のハイライト
    前書き
    歴史
    外観
    気質
    インテリジェンス/トレーニング能力
    子供と他のペット
    健康
    アメリカンブルドッグの世話
    グルーミング
    運動
    給餌
    アメリカンブルドッグを守るための平均費用
    品種固有の購入に関するアドバイス

    主要な事実


    人気243のうちの25番目の犬種です。

    寿命
    10〜15年

    血統の品種?
    いいえ - 現在KCは認識されていません

    高さ
    男性50〜71 cm
    雌ウィルスで50 - 61 cm

    重量
    男性32 - 54 kg
    女性27 - 41 kg

    利用可能な健康テスト
    BVA / KC肘異形成計画
    BVA / KCヒップ異形成計画
    甲状腺炎(ICT-A)
    ニューロンセロイドリポタンパク質症(NCL)

    平均価格(詳細)
    Non KC Registeredの場合は£656

    品種特性


    サイズラージ(評価4/5)

    エクササイズニーズが高い(評価4/5)

    非常に簡単に訓練する(評価4/5)

    中程度の削減額(格付け3/5)

    グルーミングニーズが低い(評価2/5)

    子供たちと良い(平均3/5)

    繁殖率の健康(評価3/5)

    高価なコスト(評価5/5)

    短期間で寛容になれる(評価2/5)

    知能平均(評価3/5)

    「サイズ」情報

    小さくて小さなサイズのおかげで、家庭用のペットよりも仲間として適している品種が多くあります。 中規模および大型の品種は子供を持つ家族にとってより適していますが、若い子供には扱いにくい品種ではありません。 大型および大型の品種は、巨大なサイズのために単純に幼児および幼児の周りにいるには大きすぎますが、これらの品種の多くは実際には穏やかな巨人です。

    Pets4homesは、家族やライフスタイルに最も適した犬種を決定する前に、潜在的な所有者が品種のサイズを考慮に入れることを常に推奨しています。

    Pets4Homesは、 " American Bulldog "の品種を5のうち4つに " Size "

    評価1Tiny
    評価2Small
    評価3Medium
    評価4Large
    評価5Giant

    「運動ニーズ」情報

    多くの品種は高エネルギーの犬であり、特に「働く犬」に当てはまります。 多くのエネルギーを誇っている犬は、精神的にも肉体的にも忙しく、家庭に住んでいるときには、本当に幸せでバランスの取れたキャラクターになる必要があります。 彼らは活発な野生の生活を送っている人や彼らの側にイヌの仲間を持っている人のための完全な選択肢になる彼らの心が占有を維持することを含む必要があり、1トンの運動が必要です。

    低エネルギーと考えられている品種は、散歩のために持ち出され、より静かで静かな生活を送っている人々のための最適な選択肢です。

    Pets4homesは、犬のエネルギーレベルと運動の必要条件を考えて、自分のライフスタイルに合うように品種を選ぶことを考えています。

    Pets4Homesは「 アメリカン・ブルドッグ 」の品種を「 運動の必要性 」の5点中4点と評価しています

    1ミーティングの評価
    評価2Low
    評価3Medium
    評価4高
    評価5非常に高い

    「簡単に訓練する」情報

    いくつかの品種は、一般的には訓練が容易であり、新しいことを素早く学ぶことを意味する高度に知的であることが知られている。 しかし、品種は早い学習者であることが知られているので、悪い習慣を拾うのと同じくらい早いことを意味します。

    他の品種は新しいことを学ぶための時間がかかり、それを正しく行うためには繰り返しの方法が必要です。つまり、それらを訓練するときにもっと時間と忍耐が必要です。

    Pets4homesは、潜在的な所有者が、どの品種が彼らにとって最善のものであるかの最終決定を下す前に、犬の知性とニーズに目を通す時間を取ることを常に推奨しています。

    Pets4Homesは、 " American Bulldog "の品種を " Easy to Train "の5点中4点に評価しています

    評価1
    評価2チャレンジャー
    評価3Average
    評価4Very
    5格付け

    「流出量」情報

    すべての犬は、それが他のものより多くを流しているいくつかの品種でそれが髪やふけ(死んだ肌)かどうかを流す。 このように、犬と一緒に暮らすことは、家の周りや服の上に少量または多量の髪を置かなければならないことを意味します。 いくつかの品種は一年中流されますが、他の品種は典型的には一年に数回、彼らが一番出す時にコートを吹き飛ばします。

    いくつかの品種は一年中着実に流され、春と秋にもコートを吹き飛ばしますが、他の品種は年の何時でも小さな髪の毛しか出ません。 ハウスプロフェッショナルの人々は、彼らの生活を楽にするために低出生率の品種を選ぶべきであり、そこから選択する低出生率の品種がたくさんあります。

    Pets4homesは、潜在的な所有者が最終的な決定を下す前にどのくらいの品種を確認することをお勧めしますので、彼らは家庭での新しいペットの存在に十分に備えています。

    Pets4Homesは、「 アメリカン・ブルドッグ 」の品種を「出血の5点中3点に評価しています

    評価1なし/最小
    評価2Low
    評価3Mordate
    評価4高
    評価5ヘビー

    「グルーミングニーズ」情報

    多くの品種は、手入れの前で簡単にメンテナンスされ、彼らのコートを良好に見えるようにするためだけに毎週のブラシと素晴らしい状態で彼らの肌が必要です。 他の品種ははるかに高いメンテナンスであり、理想的には、コートをきれいに整えて見栄えを良くするために、専門的に1年に数回グルーミングする必要があり、これは犬をかなり飼うコストに追加することができます。

    Pets4homesは、潜在的な所有者に、どの品種が彼らにとって最善のものであろうと最終的な決定を下す前に、犬のコートがどれくらいグルーミングしているかをチェックするよう常にアドバイスします。

    Pets4Homesは「 アメリカン・ブルドッグ 」の品種を「 グルーミング・ニーズ 」の5点中2点に評価しています

    1ミーティングの評価
    評価2Low
    評価3Medium
    評価4高
    評価5非常に高い

    「子どもに良い」情報

    いくつかの品種は、すべての年齢の子供の周りに例外的に良いと引っ張られることを許容しますが、子供が叫ぶ、叫んで、幼児のように周りを追いかけ、

    しかし、すべての子供たちは、犬の周りをどのように行動するのか、それをどう対処するのか、それは食事時だけ特に忠実な犬を離れるべき時を教えられる必要があります。

    Pets4homesは、幼児と子供の間のあらゆる交流を大人が監督して、遊び時間が静かに保たれ、物事が決して荒くならないようにすることを常に推奨しています。

    どんな犬を飼育していても、あなたの犬と一緒に何人も子供を放置することは絶対に避けてください。 お子様がいて、犬を買ったり、養子縁組をしようとしている場合は、より大きな犬種や強い犬種を勧めます。

    さらなるアドバイスについては、犬の周りに子供を預けておくことに関する次の記事をお読みください。

    Pets4Homesは、 " American Bulldog "の品種を " Good With Children "

    評価1
    Rating 2Below Average
    評価3Average
    評価4平均以上
    評価5Yes

    「品種の健康」情報

    いくつかの品種は、遺伝的障害を発症する犬のリスクを低減する上で優れた繁殖方法が長い道のりを行くが、特定の遺伝性および先天性の健康問題に苦しむことが知られている。

    これにより、すべての犬が生活の過程で遺伝性障害を発症するわけではありませんが、責任を持って飼育されなければ、リスクは大幅に増加します。

    Pets4homesは、子犬を購入する前に、潜在的な所有者が品種に影響を及ぼすことが知られている遺伝的疾患について、ブリーダーに尋ねたり、親の犬でDNA検査やその他の検査の結果を見ることを常に推奨しています。

    Pets4Homesは、 " American Bulldog "の品種を " Health of Breed "の5点満点中3点に評価しています

    評価1
    Rating 2Below Average
    評価3Average
    評価4Good
    評価5例外

    「維持するコスト」情報

    子犬や犬を購入する以外に、それらを正しく所有し、世話するために必要なその他の経費があります。 これには、ワクチン接種、去勢時の犬の去勢および去勢の費用が含まれます。 他の費用には、多くの小さな品種が寒い時期に着用する必要がある良質の首輪、リード、コートに投資することが含まれます。 これらの費用とは別に、犬が病気に陥った場合や負傷した場合に備えて、多くの所有者が持ち出すことを選択するペット保険があります。

    獣医法案には、犬が病気にかからないようにする定期健診や年1回のブースターなどがあります。 獣医師への頻繁な訪問はまた、後ではなく早期にあらゆる健康問題を捉えるのに役立ち、予後が犬にとってより良いことを意味することが多い。

    Pets4homesは常に、潜在的な犬の飼い主が、犬を飼っていることを確認し、飼い主が自分の人生のさまざまな段階に合った適切な種類の食物を与えられていることを確認して、年。

    Pets4Homesは、 " American Bulldog "の品種を5点満点中5点と評価しています。

    評価1非常に低い
    評価2Low
    評価3Average
    評価4平均以上
    評価5

    「孤独を許す」情報

    多くの品種は、所有者と非常に強い結びつきを形成します。これは、短期間を含めて自分たちで放置されているときにストレスを感じることを意味します。 放置された結果、犬は家の周りで破壊的になることがあります。これは彼らが経験している不安を和らげるための方法であり、必ずしも彼らがいたずらしているわけではありません。

    家族との強い結びつきを形成する品種は、分離不安を発症するリスクが高いため、他の人が出ているときに少なくとも1人が家にいる家庭に最も適しています。

    Pets4homesは、どの品種が自分たちのライフスタイルに最も適しているかについて最終的な決定を下す前に、潜在的な所有者が自信を持って放置されているかどうかをチェックすることを常に推奨します。

    Pets4Homesは、犬を一度に4時間以上自宅で一人で放置することを推奨していません。

    Pets4Homesは「 アメリカン・ブルドッグ 」の品種を5のうち2つに「 単独で寛容 」と評価しています

    評価1
    2短期間の評価
    評価3時間
    4時間の長期評価
    評価5Yes

    「知能」情報

    多くの働く犬種は、必要なときに自ら仕事をすることができる独立した思考者であるように育てられました。 これらの犬は非常に長い時間の間働くことができる以上のいくつかの品種で高度にインテリジェントに進化しました。

    犬が非常に知的であるという理由だけで、ボーダーコリーのように生きやすいのではなく、運動量や精神的刺激が必要なときに、彼らは本当にバランスが取れている必要があります。彼らは家庭環境に住んでいます。

    高度にインテリジェントな犬は、「服従訓練」やその他の犬の活動に参加するときにうまくやっています。そこでは、彼らは脳を使いながら同時に素晴らしいトレーニングを受けます。

    Pets4homesは、犬のニーズが彼らのライフスタイルにうまく収まるように、最終的な決定を下す前に、潜在的な所有者が品種の知性と特定のエネルギーニーズをチェックすることを常に推奨します。

    Pets4Homesは " American Bulldog "の品種を " Intelligence "の5点満点中3点と評価しています

    評価1低
    Rating 2Below Average
    評価3Average
    評価4平均以上
    評価5高い

    品種のハイライト

    ポジティブ

    • インテリジェントで忠実で献身的なイヌの仲間
    • 多くの運動と精神的刺激で繁栄する
    • グルーミングフロントでのメンテナンスが低い
    • 彼らは優れたウォッチドッグです
    • すべての年齢の子供の周りに非常に良い

    ネガティブ

    • 最初の犬の所有者のための最良の選択ではありません
    • 適切な種類の社会化と訓練がなければ、American Bulldogsは彼らの本性に対してより支配的な側面を示すことができます
    • 子犬は盛んで騒々しいです
    • アメリカンブルドッグは若くて社会化され、訓練されていなければなりません
    • 他の動物に対して積極的に行動できる
    • 気分が悪くなると頑固で強い意志があることが知られています
    • 最初の犬の所有者のための最良の選択ではありません
    • 獣医法案は、かなりの数の健康問題を抱えていることが知られているため、高くなる可能性があります
    • アメリカンブルドッグは非常に高い獲物を持っている

    前書き

    アメリカンブルドッグは、イギリスのブルドッグのいとこよりも身長が高く、敏捷性があり、長年にわたり、アメリカのペットとペットの両方として人気があります。 彼らの良い外見と親切な性質のおかげで、彼らは英国と世界の他の国々の多くの人々の心と家庭に彼らの方法を見つけました。 アメリカンブルドッグは、ケンネルクラブが独自に開発したものではありませんが、United Kennel ClubやAmerican Breed Clubに認められています。このような標準は、このような忠実で勇気ある両クラブの犬。

    アメリカン・ブルドッグは、アメリカのスタッフォードシャー・テリアとアメリカのピット・ブルと間違えられますが、その品種は多くの点で非常に異なっており、1991年の危険な犬の法律には該当しません。アメリカンブルドッグは、品種に精通した人が扱い、訓練する必要があるため、初めて犬の飼い主にとって最良の選択ではありません。

    歴史

    ブルドッグは、純粋な形で、17世紀に遡ってアメリカに存在し、闘牛犬や戦う犬として使用されていました。 彼らは当時の肉屋さんにはしっかりと人気がありました。 今日のモダンなアメリカン・ブルドッグの祖先は、アメリカ南東部の多くの州で発見された元のブルドッグに遡ることができます。 彼らは犬を戦うだけでなく、所有者の財産を守って保護し、豚や牛を丸めるために飼育されました。 当時、彼らは「品種」ではなく、むしろ一般的なタイプのブルドッグと見なされていました。

    農家や他の人々が犬を飼育している飼育記録は残されておらず、彼らの特定のニーズに合う「タイプ」の犬を作ることを最終目標としていました。 このように、南米のさまざまな地域で数多くのブルドッグタイプが発見されました。 ブルドッグは、その時に新世界に導入された野生ブタの数をコントロールできるので人気があったと考えられています。 野生の捕食者がいなかったので、野生の豚の数を管理することが特に重要でした。 このように、ブルドッグは、害虫と野生の豚を支配するための入植者の唯一の方法であると非常に賞賛されました。

    当時のブルドッグは、そのような品種とはみなされず、1980年代まで彼らの名前が与えられていませんでした。 そういうわけで、彼らは「英語の白」と「白い英語」を含むかなり異なる名前で知られていました。 アメリカのいくつかの地域では、彼らは "アラバマ"と "南ブルドッグ"として知られていました。 このように、これらの犬の最も一般的な名前は、元々は飼いならされていた雄牛と牛が関与していたため、丸めと守備が必要だったため、単に "ブルドッグ"でした。

    しかし、第二次世界大戦が始まる頃には、南アメリカ人のブルドッグの数は危険に乏しく、ジョン・D・ジョンソンと呼ばれる男が父親と一緒に奪い取っただけで、彼らができるだけ多くのブルドッグを見つけることができたそれらが永遠に消えないようにするためです。 彼らの努力は、ブルドッグの数を増やすことを最終目的として作業を始めたAlan Scottの注目を集めました。 彼は農場で見つけた働くブルドッグを紹介しました。このブルドッグは、アメリカンブルドッグの最初の繁殖をもたらしました。 ジョンソンはその後、犬のラインを横断して、イギリスのブルドッグと真っ直ぐな形で、北部では自然な運動堅牢性を保っていることを自慢していた犬でした。

    今日、アメリカンブルドッグはアメリカで最も人気のある品種の1つであり、その結果、その数は増加しています。 彼らはまた、彼らの印象的な、運動的な外観と種類の性質のおかげで、ここでは、英国を含む世界の他の部分で人気のある選択となっている。 彼らは、服従競技、体重引っ張り、および他の多くの一般的な活動を含む、多くの犬のスポーツで自分自身を証明しています。

    アメリカンブルドッグは英国で人気が高まっていますが、The Kennel Club(2016年6月)の品種として認められていませんが、アメリカンケンネルクラブとUKCに認められています。 興味深いことに、現代アメリカンブルドッグのルーツは、アラバマ州、ジョージア州、すなわちウィリアムソン、スコット、ベイリー、ジョンソンで飼育された4つの系統に直ちに追跡することができます。

    品種に関する興味深い事実

    • アメリカンブルドッグは脆弱な品種ですか? いいえ、彼らはイギリスで最も人気のある品種の他に、彼らの母国アメリカを含む世界の他の国々でもあります
    • アメリカン・ブルドッグは、しばしばアメリカのスタッフォードシャー・ブル・テリアとアメリカン・ピット・ブルとは混同されていますが、彼ら自身の品種です
    • その品種は第二次世界大戦の終わりにジョン・D・ジョンソンによって絶滅から救われた
    • アメリカンブルドッグには強力な獲物があり、精神に深く埋め込まれた形質ですが、攻撃的な品種ではありません

    外観

    萎縮の高さ:男性50〜71 cm、女性50〜61 cm

    平均体重:男性32〜54 kg、女性27〜41 kg

    アメリカン・ブルドッグ(American Bulldog)は、英語のいとこよりも脚の方が長くて長持ちする、運動能力が高く、パワフルな犬です。 彼らは、これらのブルドッグの印象に大きな力を持っているような大きくて広い頭を持っています。 彼らは犬の銃口に直角に設定されて深くて突然である明確な停止を持っています。 しかし、彼らの額は、彼らの独特の外観に追加する高さよりも広いです。

    アメリカンブルドッグには2つの非常に異なるタイプがあります。最初は「Bullyタイプ」、2つ目は「Standardタイプ」で、BullyタイプはStandardタイプよりも少し小さく軽量です。 彼らの頭部も違っています.Bullyには大きな円形の頭部があり、Standard American Bulldogにはよりくっきりしたくさび形の頭があります。

    口蓋は厚くて幅広ですが、犬の鼻までは少し狭くなります。 彼らには逆さまのかみそりの咬傷があり、鼻は大きく開いた鼻孔を持つ黒い黒です。 Bullyタイプの犬には明確なアンダーショットの顎があり、その噛み傷は逆さにすることができますが、標準的な犬には逆さまのはさみかみ合いのタイトなアンダーショットの顎があります。

    彼らの目は中程度の大きさで、丸みを帯びたものからアーモンドのものまで、いじめの顔にはっきりとしたものがあります。 彼らの目は、任意の色にすることができますが、暗い茶色は、彼らの目に黒い縁を持っている犬との好ましい色です。 耳は小さくても中程度の大きさでもよく、頭に高く設定されています。落ちることができます。

    いじめの首は非常によく強く、強く、犬の首と同じ広さで、肩から犬の頭までわずかに先細になる前に、犬の紋にわずかなアーチがあります。 Bullyさんはしばしば首にわずかな裂け目があります。 これは、Bullyタイプの犬は太い首を持っていますが、Standardの犬では首が長くなっています。

    肩は非常に強く、筋肉があり、肩甲骨は十分に後ろに置かれています。 彼らの前足はひどく骨が折れていて、非常によく筋肉質です。 アメリカンブルドッグは、深くて適度に広い胸を持つ、コンパクトで非常に筋肉質のボディを持っています。 リブはしっかりと跳ね上がり、トプラインは萎縮から犬の筋肉の広い背中までわずかに傾いています。

    Bullyタイプの犬は、短いタイプの犬が背中の方が少し背が低いのに対し、Standardタイプの犬の背中はやや長く、背中のほのかなほうがほほえられています。

    腰も幅広く、少しアーチ状になっていて、傾斜のあるクループに合流している。 脇腹は適度に引き上げられ、非常にしっかりしています。 背中の脚は非常によく発達した下腿を誇っています。 彼らの足は中程度の大きさで、丸くて堅牢なつま先を持った犬がいます。 テールはベースで最も厚く、テーパーがつく前に低く設定されています。 犬は、リラックスしているときに、仰向けに尾を持ちますが、後ろの脚の間は直立しています。

    それは彼らのコートになると、アメリカンブルドッグは、短くて、密で丈夫なコートを持っていることを自慢しています。 彼らの頭に色がある場合は、白い頭の色にする必要があります。 AKC規則の下で受け入れられる品種の色は次のとおりです。

    • 白一色
    • 黄色、黒、茶色/赤色を含む淡色または85%の色

    AKC規則で認められない色は以下の通りです:

    • 黒塗り
    • ソリッドブルー
    • メルレ
    • 三色
    • 完全な黒マスクも容認できない

    歩け/動き

    アメリカンブルドッグが動くとき、バランスと滑らかな歩行で、沢山の踏み台で犬の力と敏捷性を披露します。 彼らは、彼らの後ろの部分で、そして理想的には、犬がより速いペースで動くとき、彼らは素敵なレベル、しっかりとした背中を持って単一のトラックでそうするべきです。 アメリカンブルドッグには高い頭と尾のキャリッジがあり、自信を持って誇りと目立つように見えます。

    障害

    アメリカンケンネルクラブが認めているような品種の欠陥については、以下の通りです:

    • 片側性または両側性のcryptorchidism
    • 卑劣さや極度の恥ずかしさ
    • クロスアイズ
    • ウォール・アイズ
    • 喉口
    • バリー・タイプではさみかはさみ
    • 片側性または両側性の難聴
    • 15%未満の白
    • 青色
    • 黒と黄褐色
    • 三色
    • メルル
    • フルブラックマスク

    気質

    前述したように、アメリカンブルドッグは、アメリカンピットブルやアメリカンスタッフォードシャーテリアと間違われていることがよくありますが、関係はありません。 アメリカンブルドッグは決して過度に攻撃的ではなく、本質的に神経質な犬でもなく、確かに自信を持って勇敢であることが知られています。 これは、彼らが本質的に支配的な犬であり、物理的に強いので、彼らは正しく社会化と訓練を受ける必要があるため、初めての犬の所有者のための最良の選択ではありません。 アメリカのブルドッグは、右の手と環境の中で楽しむことができ、彼らは彼らの所有者や家族とのインタラクティブなゲームを楽しむことを意味する楽しい愛らしい、コミカルな性格を誇っています。

    アメリカンブルドッグは自信を持って、高エネルギーでとても社会的な犬であり、彼らの家族と強い結びつきを形成しています。 彼らは成熟するにつれてより多くの外出をしますが、子犬はいつも世帯内で起こっているすべてに関わる準備ができています。 アメリカン・ブルドッグと家を共有するときに早期社会化の重要性を十分に強調することはできません。若くて社会化され訓練されていない場合、十分な年齢。 問題は、あまりにも頻繁に起こっていることです.Bullyは、特に彼らが遊んでいるときに、自分の強さを知らないだけです。

    前述のように、適切な環境で、適切な手で、アメリカンブルドッグは素晴らしい、忠実で愛情のある家族のペットを作ります。 しかし、彼らはパックで彼らの場所を知っている必要があり、誰が家庭でアルファ犬です。 一言で言えば、彼らは方向性と指導のために誰が見ることができるかを知っているときよりも決して幸せではありません。 そのようなものとして、彼らは初めての所有者のための最良の選択肢ではなく、このタイプの高エネルギーのインテリジェントな犬のニーズに精通している人にとってははるかに良い選択です。 注目に値する一つのことは、アメリカンブルドッグが非常に高い痛み閾値を持つことを自慢するということです。 これは、アメリカン・ブルドッグが何らかの形で不快であるか怪我をしているときにそれを見つけるのがずっと難しくなります。

    非常に知的であるため、彼らは訓練が容易であり、訓練が犬の所有者が彼らに期待していることを理解するのに十分な早期に開始されれば、例外的に従順であることが知られています。 彼らは、本質的にかなり犬であることが知られているので、他の人が家にいないときに少なくとも1人の人が家にいる家庭でうまくいく。 そのようなものとして、彼らは時間の長さのために彼ら自身の上に残されたくありません。 彼らが自分の装置に放置されてしまうと、すぐに飽きてしまい、アメリカンブルドッグが分離不安や家庭の破壊的な問題などあらゆる種類の行動問題を引き起こす可能性があります。

    アメリカンブルドッグは大きな足を跳ね上げることができ、3フィート以上も何の問題もなくクリアすることができます。 そのようなものとして、庭の柵は非常に安全でなければならないだけでなく、これらの運動的で強力な犬を安全に保つことは高くなければなりません。

    彼らは初めての所有者のための良い選択ですか?

    アメリカンブルドッグは、彼らのニーズに精通し、若い時から犬の仲間を社交と訓練するために十分な時間を持っている人々によって処理され、訓練される必要があるため、初めての犬の所有者にとって最良の選択ではありません。 アメリカンブルドッグは本質的に支配的な犬であるため、家庭内のアルファ犬は誰であるかを知る必要があり、指導や指導を受けることができます。

    獲物の運転はどうですか?

    アメリカン・ブルドッグには、飼い犬の精神に深く埋め込まれている家畜を保護し、守るために飼育されている形質である、高い獲物の繁殖力があります。 初期の社会化と訓練は、アメリカン・ブルドッグと家を共有するときに必要です。家畜や野生動物に出会うかもしれない地域の鉛を歩くときは、常に注意が必要です。

    遊び心はどうですか?

    アメリカンブルドッグは、特に飼育がよく、評判の良い飼育者に連絡し、両親の犬に会うことが重要な理由が、本質的に好奇心が強く、楽しい愛らしいコミックキャラクターです。

    適応性はどうですか?

    アメリカン・ブルドッグは、町や国のどこにいても、庭園を持つ人々に適しているので、自分自身を表現するのに十分なスペースを必要とします。 彼らは高度にインテリジェントであり、アメリカンブルドッグが望ましくない破壊的な行動を起こす可能性のある退屈を防ぐために、多くの精神的刺激と毎日の運動が必要です。

    過度の吠えはどうですか?

    アメリカンブルドッグは、彼らが不幸であるか、または長時間自分で放置しない限り、過度に吠えることは知られていません。 これは、保護主義のおかげで周りに見知らぬ人がいるかどうかを知らせるために、犬はすぐに彼らの所有者に知らせるでしょう。

    アメリカンブルドッグは水のようですか?

    アメリカンブルドッグの中には水中での遊びが大好きな人もいれば、足を濡らすことさえ好きでない人もいます。 水を好きな犬と家を共有している人は、自分のペットが跳躍するようになった場合に備えて、より危険な水路の近くでペットを歩いているときには常に細心の注意を払うべきです。水が好きではないアメリカのブルドッグは、それはちょうどそれらをさらに恐ろしくすることになるので、泳ぎに行く。

    アメリカンブルドッグは良いウォッチドッグですか?

    アメリカンブルドッグは、これが元々家族の保護と保護のために育てられたものであるという事実のおかげで、自然のウォッチドッグです。 これは、アメリカン・ブルドッグを何かを守るために「訓練」する必要はなく、なぜなら、それは自然にそれらに来るものだからです。


    インテリジェンス/トレーニング能力

    アメリカンブルドッグは "声"に非常に敏感ですが、彼らはまた、本質的に支配的であることも知られています。なぜなら、彼らはそれらを訓練し、取り扱う方法を知っている人に適しているからです。 アメリカン・ブルドッグの教育と社会化は、子犬が新しい家に到着するとすぐに開始しなければならず、訓練と取り扱いは犬の生涯を通して一貫していなければなりません。

    アメリカンブルドッグはインテリジェントであり、彼らは彼らの所有者を喜ばせる以外に何も好きではありません。 しかし、彼らは強力で極端に自信がある犬であり、十分に早期に社会化されていないと、正しく訓練され、そしてうまく処理されていれば、犬が意図的になり、 。

    アメリカンブルドッグはどんな種類の厳しい矯正も受け入れておらず、訓練に対する重い手渡しのアプローチにもうまく答えません。 彼らは、しかし、最終的な結果は、自信を持って、よく行動し、従順な犬であるこれらの犬の最高をもたらす正の強化に非常によく応答します。 アメリカンブルドッグは、彼らの訓練が一生を通して一貫していなければならない理由で、時々これらをうまくテストするかもしれないが、彼らがどれだけ遠くまで行くことができるかを理解する助けとなる幼少時からの限界と境界を教えなければならない。

    子犬は基本的なコマンドをすぐに教える必要があります。

    • 来る
    • 座る
    • 滞在
    • 静か
    • それを残す
    • ダウン
    • ベッド

    子供と他のペット

    アメリカンブルドッグは、彼らが家庭で育った子供たち、そして特に彼らの周りのふるまいを知っている年上の子供たちとうまくやります。 要するに、遊び時間が少し騒々しくなることがあり、これらの犬は彼ら自身の力を知らないので、子供たちが幼児よりも年上の世帯に適しています。 このように、子供と犬の間の相互作用は、常に大人が十分に監督する必要があります。 彼らの大きさと事実から、彼らはあまりにも騒々しいかもしれません、Pets4homesは、Bullysは乳幼児や非常に幼い子供のいる家族にとって最良の選択ではないとアドバイスします。

    より若い子供がいるアメリカン・ブルドッグと家を共有している人は、いつも一緒に無人で一緒に放置されないようにしてください。 両親が幼い子供に犬の周りで行動する方法や、離れた時に、特に遊びの周りや食事中に食事があるときに教えることも重要です。

    彼らは完全にワクチン接種されたら散歩中に他の犬に会うことを含めなければならない若い年齢から非常に社会化される必要がありますが、アメリカのブルドッグが遭遇した別の犬にもうってつけです。 小さなペットや猫を含む動物の周りにいるときは注意が必要です。

    詳しいアドバイスについては、「犬の周りに子供を預かる」という記事をお読みください。

    アメリカンブルドッグヘルス

    American Bulldogの平均余命は10歳から15歳の間で、適度なケアをして、適切な良質の食事を彼らの年齢に合わせて与えたときのものです。

    他の多くの品種と同様に、アメリカンブルドッグは、これらの高エネルギーの強力な犬の一つとあなたの家を共有することを計画しているかどうかについて知る価値があるいくつかの遺伝的健康問題に苦しんでいることが知られています。 品種に最も影響を与えると思われる条件は、以下のとおりです。

    • 特定の形態の骨がん
    • 股関節形成異常 - 繁殖犬は股関節スコアでなければならない
    • 肘の異形成 - 繁殖犬はテストする必要があります
    • 神経細胞性セロビノース症(NCL) - 繁殖犬は検査されなければならない
    • 甲状腺炎 - 繁殖犬はテストする必要があります
    • 腎障害
    • 甲状腺の問題
    • 前十字靭帯またはACL
    • チェリーアイ
    • Entropion(眼瞼を内側に折りたたむ) - 条件付きの犬は繁殖させるべきではない
    • Ectropion(外眼瞼ロールアウト) - 条件付きのイヌは繁殖してはならない
    • アレルギー

    NCLの詳細

    この種の障害はあまり一般的ではありませんが、犬の神経細胞セロイドリポプロテクシオンは、アメリカのブルドッグが約2歳の時に罹患する重大な健康問題です。 この状態は、犬の四肢に負の影響を与え、犬が転倒するのを見ていますが、移動できなくなってしまいます。 悲しいことに、この病気の治療や治癒はなく、犬は回復しません。 幸いなことに、犬はその状態を検査することができ、責任を負うすべての育種者は、育種目的で使用する前にスタッド犬をテストすることになります。

    耳下腺症の詳細

    アメリカンブルドッグは、子宮筋腫と呼ばれる皮膚病に罹患していることが知られています。この状態は、子犬が最初に生まれたときによく見られます。 状態は中等度から重度までであり得るが、生命を脅かすことはない。 中等度の形態のイクシス症の犬は薄いかゆみがあり、症状が緩和され、犬をより快適にするために、より頻繁に洗われ、軟膏が皮膚に塗布される必要があります。

    幸いにも、子犬は、甲状腺炎を引き起こす有害な遺伝子を持っているかどうか、そしてそれらが保因者であるかどうかを調べるために検査することができます。 キャリアであるとテストされている子犬は病状を発症しませんが、繁殖すればその子孫に不完全な遺伝子を渡します。 「罹患している」と検査された犬は、欠陥のある遺伝子をその子孫に渡すのを防ぐために育種目的で使用すべきではない。

    ワクチン接種はどうですか?

    アメリカンブルドッグの子犬は最初の予防接種を受けたでしょうが、予防接種スケジュールが以下のように適切なタイミングでフォローアップジャブを持つことが不可欠です:

    • 子犬はすぐに完全な保護を受けることはないが、2回目のワクチン接種を受けてから2週間後に完全に保護されることを心に留めている

    犬がブースターを持つ必要性について多くの議論がありました。 そのため、American Bulldogがブースターと呼ばれる毎年のワクチン接種を継続するべきかどうかの最終決定を下す前に、獣医と話をすることが最善です。

    去勢と中和はどうですか?

    オスのアメリカンブルドッグは、6ヶ月齢では安全に去勢され、6ヶ月齢では女性が去勢されます。

    肥満の問題はどうですか?

    一部のアメリカンブルドッグは、中和された後、体重が増えます。カロリー摂取量と肥満を予防するための日々の運動量に注意を払うことが重要です。 肥満アメリカンブルドッグは、健康問題を発症する危険にさらされ、数年後には人生が短くなる可能性があります。

    アレルギーはどうですか?

    アメリカンブルドッグ(American Bulldog)は、免疫系が過度に活動することによって引き起こされる特定のアレルギーに苦しんでいることが知られています。 アレルギーは継承することができ、または犬に予防接種することを含むいくつかの事柄によって獲得されトリガーされることがあります。 いくつかの若いアメリカンブルドッグは、彼らのアレルギーから成長するが、犬がより深刻なものに苦しむとき、彼らは彼らの生活の残りの部分でそうすることができ、そのような条件は継続的に管理する必要があります。 したがって、アレルギーに罹患していることが知られているアメリカンブルドッグは、繁殖目的では使用しないでください。

    アレルギーが獲得された場合、トリガーには次のものが含まれます:

    • 環境
    • 家庭用洗浄剤によく見られる特定の化学物質に対する反応
    • 花粉や草を含む季節性アレルギー
    • 商業的に製造された犬用食品の成分としてしばしば使用される特定の肉および穀物を含む食品
    • ダニとノミの咬傷
    • ダストダニ

    健康スキームへの参加

    アメリカンブルドッグには、以下のような2つの遺伝子検査があります:

    • 甲状腺炎 - 冒された犬は繁殖目的のために使用すべきではない
    • 犬の神経細胞セロイドリポプロテオイシス - 繁殖プログラムで「キャリアー」を使用するブリーダーは、すべての子犬がその状態

    品種固有の繁殖制限はどうですか?

    現在、アメリカンブルドッグはケンネルクラブによって認知されておらず、そのため、品種の特定の繁殖制限が繁殖していない。

    アシュアードブリーダーの要件はどうですか?

    There are no Assured Breeders for the American Bulldog because the breed is not recognised by the Kennel Club.


    Caring for a American Bulldog

    As with any other breed, American Bulldogs need to be groomed on a regular basis to make sure their coats and skin are kept in top condition more especially as they are predisposed to suffering from specific skin allergies namely Icthyosis. They also need to be given regular daily exercise to ensure they remain fit and healthy. On top of this, dogs need to be fed good quality food that meets all their nutritional needs throughout their lives.

    Caring for a American Bulldog puppy

    Having decided that an American Bulldog is the right choice of dog, it's important to get things ready in the home for a puppy's arrival. With this said, it's not just a house that needs puppy-proofing, but the garden too needs to be made safe for them to roam around in. All puppies like to gnaw on things and this includes electric wires and cables so it's essential that they be put out of their reach. Garden tools and other implements should be stored away to avoid a boisterous puppy from injuring themselves.

    Puppies need a lot of nap time and they can sleep for anything up to 21 hours a day which they need to do so they can develop and grow properly. As such, it's important to set up a quiet area in a house for them to retreat to when they want to take a nap and ideally this should be not to out of the way but away from too much traffic. If there are children in the house, they need to be told not to disturb their pet when they are sleeping and not to approach them when they are eating too.

    It's always a good idea to limit the amount of rooms a puppy can roam around in for several reasons, one of which is because they would need to be housetrained and the second being they are less likely to get into trouble. A good way of keeping them in a chosen area is to fit child gates on doors to prevent the puppy from going into any rooms that owners don't want them to go in.

    An American Bulldog puppy would have been wormed before being sold and the documentation a breeder provides for a puppy must have all the details of their worming date and the product used as well as the information relating to their microchip. It is essential for puppies to be wormed again keeping to a schedule which is as follows:

    • Puppies should be wormed at 6 months old
    • They need to be wormed again when they are 8 months old
    • Puppies should be wormed when they are 10 months old
    • They need to be wormed when they are 12 months old

    Things you'll need for your puppy

    There are items needed to care for a puppy which should be purchased well in advance of their arrival. The items needed include the following:

    • Feed and water bowls making sure they are not too deep and ideally, they should be ceramic rather than plastic or metal
    • A good quality dog collar, harness and lead
    • A dog crate that's not too small or too big that a puppy would feel lost in it
    • Good quality toys and chews
    • A well-made dog bed bearing in mind that a puppy could well chew on it
    • Baby and/or dog blankets to use in the puppy's crate and dog bed
    • Dog specific toothpaste and tooth brush
    • Shampoo and conditioner specifically formulated for use on dogs
    • Grooming equipment

    Keeping the noise down

    All puppies are very sensitive to loud noises so it is important to keep the volume of a television down and not to play music too loudly either because it could frighten a American Bulldog puppy and prevent them from napping as they should during the day.

    Keeping vet appointments

    Reputable breeders would always ensure their puppies vaccinated before they are sold, but as previously mentioned, it is up to their new owners to make sure they are given their follow-up shots at the right time which should be as follows:

    • 10 -12 weeks old, bearing in mind that a puppy would not have full protection straight away, but would only be fully protected 2 weeks after they have had their second vaccination

    When it comes to boosters, it's best to discuss these with a vet because there is a lot of debate about whether a dog really needs them after a certain time. However, if a dog ever needed to go into kennels, their vaccinations would need to be

    What about American Bulldogs when they reach their golden years?

    When American Bulldogs reach their golden years, they do slow down in many ways and they might start showing their age with more grey hairs appearing on their faces and more especially around their muzzles. Apart from a change in their appearance an American Bulldog's personality might change too and this includes on how quick they are to respond to a command or when their names are called. The reason for this is that many older dog's hearing is not as good as it once was. Other changes to watch out for in a American Bulldog when they reach their senior years include the following:

    • Their vision might be impaired and their eyes seem cloudy
    • Their teeth might not be as in good condition which means they may need dental work
    • Older dogs tend to sleep more during the day and they get up more frequently at night which is often because their cognitive function is not as sharp as it was when they were young which means older dogs are more easily confused
    • They tend to be less tolerant of loud noises and sounds
    • Dogs when they are older can be a little fussier about their food so it's important to rethink their diet and to make sure they are getting all the nutrients they need to stay healthy
    • An older dog's immune system often does not offer them the same protection against illness and infection which puts them more at risk of catching something and why they should see the vet more routinely
    • An older American Bulldog might not be so keen to go out for a walk and more especially longer ones
    • They muscle tone and body condition is not as good as when they were young
    • Older dogs often suffer from joint problems which can then lead to arthritis so it's well worth investing in a comfy dog bed and ideally one that an American Bulldog finds easier to get out of

    Grooming

    American Bulldogs boast having short, tight, close coats which in short means they are low maintenance on the grooming front. However, because they are prone to suffer from skin allergies, it's best to give them the once over a few times a week. The earlier a skin problem is detected the better because if left for too long, it could flare up into something painful and a lot more severe. A regular wipe over with a chamois leather will also keep an American Bulldog's coat nice and glossy.

    It's also important to check a dog's ears on a regular basis and to clean them when necessary. If too much wax builds up in a dog's ears, it can lead to a painful infection which can be hard to clear up. In short, prevention is often easier than cure when it comes to ear infections.

    Grooming tools needed for an American Bulldog

    Having the right grooming tools helps keep an American Bulldog's coat and skin in top condition. The tools needed to keep a dog's coat looking good are as follows:

    • A grooming glove
    • A slicker brush
    • A bristle brush
    • A fine toothed comb
    • Nail clippers
    • A pair of round ended scissors
    • Dog specific shampoo and conditioner

    運動

    American Bulldogs are intelligent, energetic and inquisitive dogs. As such they need to be given the right amount of daily exercise that's combined with as much mental stimulation as possible to keep them happy, fit and healthy. Ideally, they need to be given anything from 40 to 60 minutes exercise a day and more if possible. If they are left to their own devices for long periods of time, not only will boredom set in which could lead to dogs developing some unwanted and destructive behaviours, but it could also lead to them putting on far too much weight. This can shorten a dog's life by several years.

    A shorter walk in the morning would be fine, but a longer more interesting one in the afternoon is a must. These dogs also like to be able to roam around a back garden as often as possible so they can really let off steam. However, the fencing must be extremely secure and high enough to keep these inquisitive, energy dogs in because if they find a weakness in the fence, they will soon escape out and get into all sorts of trouble.

    With this said, American Bulldog puppies should not be over exercised because their joints and bones are still growing and too much pressure on them could result in causing a dog a few problems later on in their lives. They should not be allowed to jump up or off furniture nor should they be allowed to run up and down the stairs for this very reason.

    Feeding

    If you get an American puppy from a breeder, they would give you a feeding schedule and it's important to stick to the same routine, feeding the same puppy food to avoid any tummy upsets. You can change a puppy's diet, but this needs to be done very gradually always making sure they don't develop any digestive upsets and if they do, it's best to put them back on their original diet and to discuss things with the vet before attempting to change it again.

    Older dogs are not known to be fussy or finicky eaters, but this does not mean you can feed them a lower quality diet. It's best to feed a mature dog twice a day, once in the morning and then again in the evening, making sure it's good quality food that meets all their nutritional requirements. It's also important that dogs be given the right amount of exercise so they burn off any excess calories or they might gain too much weight which can lead to all sorts of health issues. Obesity can shorten a dog's life by several years so it's important to keep an eye on their waistline from the word go.

    Feeding guide for a American Bulldog puppy

    Once a puppy is settled into their new homes, it is safe to change their diets, but as previously touched upon, it needs to be done gradually and carefully to avoid any tummy upsets. As a rough guide, American Bulldog puppies can be fed the following amounts every day to ensure they are getting all the nutrients they need to grow and develop properly:

    • 2 months old - 231g to 271g depending on a puppy's build
    • 3 months old - 276g to 341g depending on a puppy's build
    • 4 months old - 297g to 371g depending on a puppy's build
    • 5 months old - 304g to 410g depending on a puppy's build
    • 6 months old - 304g to 446g depending on a puppy's build
    • 7 months old - 282g to 446g depending on a puppy's build
    • 9 months old - 240g to 387g depending on a puppy's build
    • 11 months old - 216g to 320g depending on a puppy's build
    • 12 months old - 215g to 318g depending on a puppy's build
    • 11 months old - 476 g to 991 g depending on a puppy's build
    • 12 months old - 434 g to 941 g depending on a puppy's build

    When an American Bulldog is 13 months old, they can be fed adult dog food.

    Feeding guide for an adult American Bulldog

    As a rough guide, an adult fully grown American Bulldog can be fed the following amounts every day to ensure they stay fit and healthy:

    • Dogs weighing 27 kg can be fed 320g to 512g depending on activity
    • Dogs weighing 30 kg can be fed 340g to 532g depending on activity
    • Dogs weighing 40 kg can be fed 380g to 552g depending on activity

    Average Cost to keep/care for a American Bulldog

    If you are looking to buy an American Bulldog, you would need to pay anything from £400 to over £1000 for a well-bred pedigree puppy. The cost of insuring a male 3-year-old American Bulldog in northern England would be £53.10 a month for basic cover but for a lifetime policy, this would set you back £118.99 a month (quote as of June 2016). When insurance companies calculate a pet's premium, they factor in several things which includes where you live in the UK and a dog's age and whether they have been neutered or spayed.

    When it comes to food costs, you need to buy the best quality food whether wet or dry, to feed your dog throughout their lives making sure it suits the different stages of their lives. This would set you back between £30 - £40 a month. On top of this, you would need to factor in veterinary costs if you want to share your home with an American and this includes their initial vaccinations, their annual boosters, the cost of neutering or spaying your dog when the time is right and their yearly health checks, all of which quickly adds up to over £1000 a year.

    As a rough guide, the average cost to keep and care for an American would be between £90 to £170 a month depending on the level of insurance cover you opt to buy for your dog, but this does not include the initial cost of buying a well-bred pedigree puppy.

    American Bulldog Buying Advice

    When visiting and buying any puppy or dog, there are many important things to consider and questions to ask of the breeder/seller. You can read our generic puppy/dog advice here which includes making sure you see the puppy with its mother and to verify that the dog has been wormed and microchipped .

    The American Bulldog is an extremely popular breed both in the UK and elsewhere in the world which means that well-bred puppies command a lot of money. As such, with the American Bulldog there is specific advice, questions and protocols to follow when buying a puppy which are as follows:

    • Beware of online scams and how to avoid them. You may see online and other adverts by scammers showing images of beautiful American Bulldog puppies for sale at very low prices. However, the sellers ask buyers for money up front before agreeing to deliver a puppy to a new home. Potential buyers should never buy a puppy unseen and should never pay a deposit or any other money online to a seller. You should always visit the pet at the sellers home to confirm they are genuine and make a note of their address.
    • As previously touched upon, the American Bulldog is among the most popular breeds in the UK. As such, there are many amateur breeders/people who breed from an American Bulldog far too often so they can make a quick profit without caring for the welfare of the puppies, their dam or the breed in general. Under Kennel Club rules, a dam can only produce 4 litters and she must be between a certain age to do so. Anyone wishing to buy an American Bulldog puppy should think very carefully about who they purchase their puppy from and should always ask to see the relevant paperwork pertaining to a puppy's lineage, their vaccinations and their microchipping
    • Before the tail docking law came into effect in 2007, American Bulldogs traditionally had their tails docked, but since the Animal Walfare Bill came into affect, it is now illegal to do so and anyone who does dock an American Bulldog puppy's tail would be subject to a heavy fine
    • It is extremely important for breeders to provide the correct documentation relating to an American Bulldog's parentage more especially as the breed is often confused with the American Pit Bull and the American Staffordshire Terrier. Having the necessary correct paperwork is essential in proving that an American Bulldog is what their documents state they are and not a breed that falls under the Dangerous Dogs Act of 1991

    Click 'Like' if you love American Bulldogs.